ホワイトニングから研磨剤なしまで探す

歯の黄ばみを気にされている方は多いようですが、そもそもどのような理由で黄ばんでしまうのでしょう。
原因として着色汚れがあります。例えばタバコやお茶、コーヒー、ワインなどによる汚れのことですが、タバコに含まれるタールだったりお茶に含まれるタンニンなどが根本原因となっています。そうした汚れが蓄積することによってどんどん歯に色が付いていき、結果的に不潔に見せてしまう黄ばみを強くすることにもなるのです。つまり日頃から喫煙習慣がある方やお茶などを頻繁に飲む方の場合ですと黄ばみも強くなり易いですし、黄ばみが気になるようなら控えるようにした方が良いと言えます。
誤ったブラッシング方法も黄ばみの原因になります。歯磨きをする際には力を入れてはいけないと言われていますが、その理由の一つは歯の表面を傷付けてしまう恐れがあるからです。もし表面が傷付いてしまうと肉眼では確認できない小さな凸凹ができてしまいますが、そこに汚れが蓄積し易くなってしまいます。ですから時には黄ばみをなくす為に一生懸命に磨いているのが原因になっている可能性もありますし、普段のブラッシング方法から見直してみることも必要と言えるでしょう。
加齢も黄ばみの原因です。歯はエナメル質によって覆われているのですが、しかし年齢と共に薄くなっていきます。するとその下にある黄味がかった象牙質が目立ってくるようになりますので、歳を取ると自然に黄ばんでくることがあるのです。
こうした原因で黄ばんでしまいますがホワイトニングを行うことで改善することも可能です。